中途障害者の社会復帰支援

独立行政法人福祉医療機構「長寿・子育て・障害者基金」助成事業

自分の一生は思うように描きたい

 

最終更新日:2008年3月31日

あなたやあなたの家族が病気や事故によって、いままでできていたことが思うようにならなくなったとき、あなたならどこに相談に行きますか。実際に受けられる支援にどんなものがあるか、その情報はどこに行ったら正しく得られるのでしょうか。高次脳機能障害、精神障害、難病などさまざまな障害を受け社会生活に変化が起きた場合、特に支援体制は大きな問題となります。

NPO法人 浜松NPOネットワークセンター(以下、N-Pocket)は、静岡県との協働事業で障害者の就労支援を行うジョブコーチの養成と派遣を長年実施してきました。その中でここ数年、医療現場やハローワークなどから中途障害者の就労支援に関する相談やジョブコーチ派遣の要請が目立つようになりました。だれにでも起こり得る中途障害の問題は、自身だけでなくその家族にとっても社会生活をその人らしく快適に過ごしていく上で、現実的なものとして考えていく必要があります。

そこで、N-Pocketは2007年度事業として、独立行政法人福祉医療機構「長寿・子育て・障害者基金」の助成を受け、「中途障害者の実態調査および社会復帰支援」というテーマで活動をしました。当事者やご家族の方々にじっくりと現状の課題などを聞き取る実態調査をおこない、さらにその中から9例に対して支援をおこないました。この支援は、就労の定着だけを目的とする既存の公的ジョブコーチ制度の範囲を越えて、それぞれの形の社会復帰を目指す中途障害当事者の要望にそった活動が主となりました。
また、事業を通して、当事者団体、家族会、福祉施設管理者、相談業務従事者、医療関係者などとも情報交換し連携をとりながら協議を重ねてきました。

これらの活動を通して得られた情報を基に見えてきた課題、提言を発表する場を設け、ともに考えていこうとシンポジウムを開催しました。

シンポジウムの
ページへ